FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男とオナニーとオナホール 

『オナニーしたことありますか?』

これを男性に聞くのは愚問というもの。

男性なら、ほぼ100%の人がオナニーをしたことがあるかと思います。

まさに、男性にとってオナニーは“生活の一部”であり、もっと大袈裟に言えば“人生の一部”と言っても過言ではありません。

そんな身近なオナニーを『もっと快適に、もっと気持ちよくしたい』・・・こんな風に思うのは当然の成り行きであり、そして、それにもっとも適しているのが、ご存知『オナホール』というわけですが。

オナニーにオナホールを使えば、柔らかな膣壁があなたのペニスを包み込み、気持ちいいヒダがペニスに絡みつき、そして体全体で圧倒的な快感を味わいながら、最後には自然な射精感を得られるでしょう。

このように、ある意味本物以上に気持ちいい、こんなに素晴らしい“オナニー道具”であるオナホールは、もっとたくさんの男性が使っていいと、私は思うのです。


オナホールを使うユーザーは

×「エロいから購入する」・・・これは適切な表現ではありません。
○「快適性を求める知的好奇心が旺盛な人」・・・これが適切な表現です。

素晴らしいオナニーグッズであるオナホール、もっと気持ちよく、快適に楽しみましょう♪

格別に気持ちいいオナホールは、男のロマン。 

技術の発展とともに留まることを知らない進化を続け・・・そして本物の女性器(オマンコ)より気持ちいいことで知られるオナホール。

ひとたびペニスを挿入すれば、絡みつき、とろけるような刺激があなたを襲い、そして一瞬であなたを夢の世界へ運んでくれます。


男は、歳を取ろうが、妻や恋人がいようが…そんな事は関係なくオナニーをしますが、それはやはり、
オナニーとセックスは、まったくの別物だからです。

オナニーは、男のロマン。

そして、やっぱりオナホールは格別に気持ちいいからです。


「オナホールは本物より気持ちいい」のは今や常識ですが、しかし、同じオナホールでも人によって感じ方はさまざま。

それは、人によってペニスの大きさや形がさまざまだし、また、キツ目でペニスにビンビン来る刺激が好きな人、本物の女性器に近い“まった~り”とした刺激が好きな人…など、好みの刺激や感度も人それぞれ違うからです。


一概には、ペニスが大きい人はユル系オナホール、ペニスが小さめな人にはキツ目のオナホールの方がいい(合っている)と言われています。

しかしこれは、あくまで「ペニスの大きさ」だけを見て…なので、好みの刺激は人によって違いますから、これに当てはまらない場合も多いかしれません。

あなたにとって気持ちいいオナホールをゲットするためには、
まず、人気のあるオナホールを買ってみる、
そして、レビューなどをよ~く読んで参考にする、

こういった事が大事だと思います。


あとは『経験』ですね。

一度オナホールを経験したら、おそらくほとんどの人はそれだけに留まらず、もっともっと…といろんなオナホールを試してみたくなるでしょう。

オナホールは、安いものだと数百円~買えますから、いろんなオナホールを買って試してみるのが一番いいと思います。

体調やコンディションによってオナホールを変えてみるとか、「昨日は刺激系だったから、今日はユル系を」とか、日によって使うオナホールをチェンジしてみる・・・。

そういった楽しみ方も、すごく楽しいですよ。
オナホールの楽しみ方は、無限です。

オナホールの種類、そしてその気持ちよさ。 

オナホールにはいくつかの種類があります。


まずは、一般的なオナホール。「ハンドホール」とも言われています。
オナホールといえば普通このことを指し、もっともポピュラーなオナホールです。

本物のマンコより気持ちいいオナホールも珍しくありません。


次に、使い捨て・簡易タイプのオナホール。

「オナカップ」とも言われているこのタイプのオナホールは、数百円程度で買えるものがほとんど。
だから、誰でも手軽に手に入れ、楽しむことができます。


そして、電動タイプのオナホール。

電動ホールとも言われるこのタイプのオナホールは、性能や使い勝手に不満のあるものが多く、今だ開発途上のジャンルと言えるかもしれません。

だから優れた商品に出会うことはなかなか難しいのですが、しかし時には、完成度の高い素晴らしい商品に出会うこともあります。


次は、据え置き型のオナホール。「大型ホール」とも言います。

大型ホールは、オナホールの中でももっとも高級なオナホールの仲間。
大体1万円~3万円程度ですが、でもやはり高級なだけあって、その気持ちよさは圧倒的です。

その大きさとズッシリとした重量感で、誰でも手軽に擬似セックスが楽しめるのが魅力です。


そして、ラブドール・抱き枕・エアーダッチ。

空気を入れたりした人型の人形(?)に、オナホールをセットして楽しむというものです。

これもまた、手軽に擬似セックスが楽しめるのが魅力ですが、しかし見ているだけでも癒されてしまうような、思わず飾りたくなるほど美しいものもあります。



このように、オナホールにはいろいろな種類がありますが、オナホールの技術は、昔から比べ格段に進化しました。

「本物の女性に挿入するよりもずっと気持ちいい」と言われるようなものも多数出現しています。

そしてその進化は現在も留まることを知りません。
オナホールは、これからもどんどん気持ちよくなっていくでしょう。


また現在は、インターネットの普及により、通販で誰にも会うことなく簡単に手に入れることができるようになりました。

オナホールは通販で簡単に手に入る時代です。

だから、世の中の男たち・・・今までオナホールを知らなかった男たちにももっともっと知られ、普及していくことでしょう。

そして、今後のオナホール業界にも期待しましょう。

本物より気持ちいいオナホールってどんなの? 

本物より気持ちいいオナホールって、一体どんなオナホールなんでしょうか。


ひと昔前までは、オナホールの通販ランキング上位を占めるのは“高刺激”のものが主流でした。

「ペニスにガンガン刺激を与えて、無理やりイカされ精液を搾り取られる」
・・・みたいなオナホ。

主流というよりも、そういったタイプのオナニーホールしか存在しなかったといった方が正しいかもしれません。


しかし昨今は、ユーザーの嗜好の変化により“より本物に近い”“リアルな刺激と感触”のオナホールがブームとなり市場を席巻しています。

“より本物に近い”とは、
「本物の女性の膣の感触に近い(それほど刺激の高くない)まったりとした刺激」のオナホールです。


逆に“高刺激タイプ”のオナホールは今はかなり珍しくなりましたが、でもいつかまた“高刺激オナホブーム”が、ひょっとしたら訪れるかもしれません。

時代は移り変わりますから・・・

でもよく考えると、本物の女性のマンコでは、あんな刺激は絶対に味わえないので、ある意味こちら(高刺激オナホ)の方が「本物以上の気持ちよさのオナホール」と言えるような気もしないでもないですが。

「オナホールは本物より気持ちいい」…今は常識です 

現在のオナホールは、本物の女性と同じ、いや「本物以上に気持ちいい」と言われています。

そしてそれは、れっきとした事実として、あらゆるユーザーから証言されています。

「初めて体験した時は、わずか2分・・・ほんの十数回ほど腰を振っただけてイッテしまいました。これを体験したら、本物の女性が物足りなく感じてしまうかもしれません」


「初めて体験した時は、わずか2分・・・ほんの十数回ほど腰を振っただけてイッテしまいました。これを体験したら、本物の女性が物足りなく感じてしまうかもしれません」

「これは本当に本当にまじにヤバイ・・・。
動かさなくても、ただペニスを挿入しただけで気持ちいいオナホールなんて、そうそうありません。とにかく別格です」

「見た目も本物そっくり。そして中身もそっくり。
だからペニス挿入時の抵抗に、逆に興奮してしまいました・・・」


こんな意見が続出しています。

オナホールマニアにはたまらない、「本物より気持ちいいオナホール」の通販ランキングです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。